忍者ブログ
読書百遍 其義自見
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
タルパのオート化に関する記事や質問への回答について、表記ゆれを排除するために「タルパのオート化に関する概念の解釈と表現マニュアル」を独自に作成した。
対象とする範囲は以下の通り。

1. オート化に関するよく知られた既存概念の解釈及びその表現に用いる語
2. オート化に関する独自概念及びその表現に用いる語
3. その他、対象とすべきオート化に関する語

上記1では、その概念の文脈上での意味が、一般的なそれと一致するよう心掛けています。
それが不可能なほどの解釈の変更が必要である場合は、上記1,2の双方に同じ語で別の解釈を記述することにしています。

下線部は既に確定した表現です。変更する場合は、変更箇所と然るべき理由を明記します。
PR
タルパの基本・例外事項に関する記事や質問への回答について、表記ゆれを排除するために「タルパの基本・例外事項に関する概念の解釈と表現マニュアル」を独自に作成した。
対象とする範囲は以下の通り。

1. 基本・例外事項に関するよく知られた既存概念の解釈及びその表現に用いる語
2. 基本・例外事項に関する独自概念及びその表現に用いる語
3. その他、対象とすべきタルパに関する語

上記1では、その概念の文脈上での意味が、一般的なそれと一致するよう心掛けています。
それが不可能なほどの解釈の変更が必要である場合は、上記1,2の双方に同じ語で別の解釈を記述することにしています。

下線部は既に確定した表現です。変更する場合は、変更箇所と然るべき理由を明記します。
会話オート化と聴覚化の関連性から始まって、「感覚」の定義をより抽象的に行わなければならないという話になった。今回はその結論部。
哲学的に核心に迫る記事になるので、最低でも主観と客観についてこちらの目次以前の文章を理解できるレベルを想定している。といってもその定義を一瞬でひっくり返すので、頭は柔らかいままにしておいてもらいたい。
先にタルパを認識できていなければオート化していないとも言える。
が、先にオート化していなければタルパを認識できないとも言える。
前に発話による会話オート化に聴覚化が必要な理由で問題点があるという話をしたが、それについて関係ありそうな思考実験を見かけたので。
この答えについてはまだ自分で確信が持てる段階ではないので、暇があれば読者の皆さんも考えてみてほしい。
以前までこの問題は人間対人間の関係に置き換え、そもそも聞こえなければ声を認識できないといった遠回りな説明をするのが限界であった。
しかし、オート化について、感覚を付加した「感覚化」という概念と関連付けることで、これまでよりも本質に迫った説明を行うことが出来ることに気づいた。

この記事ではタイトル通り会話オート化と聴覚化の関係について上の観点から話を進めるが、まだ議論されていない潜在的な問題に対しても適用出来る可能性がある。また、そういった問題を発見することも出来るだろう。

ただし、適用するにあたっての問題が残っている。
ブログの内部リンク用まとめ
一部wikiから引用。完全脱却はなるはや
大雑把に切り落とした証明部分の解説がメインです
このシリーズは考察記事というよりエンターテイメント性が高いので、そういう感覚で見てってください
前にツイッターでそんな感じのことを言ってたなと

初期の目的なんて2,3年続ければ達成されるんだよね(何かを極めるとかそういうのでなければ)
だから一度達成したら次の目的、あるいはそもそも目的を持たずにやっていけるようなタルパーが長いこと続いてるんじゃないかな

実際、目的がタルパに与える影響ってちっぽけなモンですからね
タルパを通してどうするかより、タルパがどうであるかが優先されるよ。ここの勘違いは研究を進める上では大きな障害になるから、将来その道に進もうと思ってるタルパーは要注意です。
Search
Tweet
Newest comment
[12/25 沙耶]
[07/03 ペンライト]
[07/03 人形]
[07/03 ペンライト]
[07/02 人形]
Counter
Calendar
12 2019/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Others
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 座談会 with タルパ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]