忍者ブログ
読書百遍 其義自見
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
日々の考察の内容を手帳に記録するようになってから様々な発見があったわけですが、これだけはどうしても言っておかなきゃいけないだろうと思って書いてみた。
実際にはそれ以前から気づいていたんだけど、もはや確信出来るレベルの結論が出たので。

この記事では「統一理論"連関実在論"と数式化の抱える問題」を含めて、感覚化理論関連の記事からいくらか引用しています。詳しくはそれらの記事を参照してください。
PR
卒研忙しいんで治療学6時限目の採録はストップしてます。まぁ3連休中にはある程度仕上がるかな。

その他にも治療学の研究が地味に進んでたり、その過程で色々面白いことが分かってたり。
今日1日で手帳10ページくらい消費してます。本筋から外れた治療学関連の考察を書き殴ったんですが、やっぱり面白い発見があったり。
あまりに面白いので連関実在論そっちのけで治療学を発展させてました。メイン進めろよ(・ω・`)
健康維持には良いと聞きますが。

相変わらず卒業研究で忙しくて、用意した弁当もほとんど食べられずに1日1食状態でした(・ω・`)最近眠気がひどいのはそのせいだろうか...
完成品の配布方法で2日くらい悩んだ結果、同梱するjreと実行形式jarを呼び出すバッチファイルをexe形式に変換して配布するというクソ面倒な方法に決まりました。どうしてこうなった

あ、そうそう、昨日のあの記事は別にブログやめようってわけでもなんでもないので。
このブログの9割方を占めてるどーでもいい記事をバッサリ削って、その分をタルパ研究記事とその他なんかやることあればそれに当てようって話でした。
正直、予想外の状況に置かれてしまいました。

数ヶ月前から全く別の分野に進出するために新しいブログを作るか、それともこのブログでやるのかをずっと考えていたんですが、どうも新規でブログを作ってそちらで活動する案が楽なんじゃないかという話になってきました。
そこで仮に活動拠点を向こうに移した場合の活動予定をずらーっと並べてみると、まぁ見事にこっちのブログ相手にしてる暇がないって状況になってしまった。というわけです。

現段階では構想を練ってるだけなので今すぐ実行には移しませんが、来年以降にそうなる可能性は高いです。つまり、座談会1000回終了説が現実味を帯びてきました
それ以降も週1か、あるいは最低でも月1で更新を続けていきたいとは考えてますが、今後このブログがどうなるかは今は分からない...
昨日辺りからぼちぼち採録してます
約束通りりーちゃんも参加で、民生委員と僕を含めて6人。普通に維持するだけでもつらいのに、この状態で治療学教えろって言うんだから、そりゃ30分程度しか持たないわな...

予定だと採録&編集に後4日ほどかかるので、投稿は来週以降になります
ぶっちゃけTRPG並みにしんどい
まだ自分だと読める範囲内ですけど、もしこの手帳を落として誰かが拾ったら、9割何書いてあるか読めないでしょうね...字が雑なのはどうしようもないです。
たとえ雑でも、一瞬脳内をよぎった素晴らしい閃きを保存しておくのにとても役立ってますよ。

ちなみに、人前でも開く手帳に堂々とタルパのことを書くわけにはいかないので、ちょっとした暗号を使ってます。
タルパのことを「被治療者」、タルパーのことを「治療者」って感じですね。

そんな感じのメモを拾ったら、ひょっとしたら僕が書いたものかもしれません(笑)
りーちゃん>最近の座談会の頻度が読めない...
セブンで200円ちょっとの安いやつだけど。これから更に増える文量を全部頭の中で構成するのは無理なので、適度にアウトプットしてみることにした。
考えがわりとしっかりまとまって良い感じですね。これなら3つのまとめ記事を並行させても年内に最初のを投稿できそうです。

治療学の6,7時限目を最優先で仕上げて、その後はぼちぼち主力の連関実在論を進めることにしました。特に連関実在論の方はメモだけでそこらの考察記事並の文量になってきてるので。

...なんか、国家試験が終わってから急に暇になりましたね
実用性を求めるならば、治療学を新しい方の解釈で再構成するのが最優先課題になります。正確性は上がって理論の適用範囲も従来より広がりますから。
でも連関実在論の基礎研究も、長期目標を考えれば出来る限り進めておきたいところ...

そして最近始めたのが、タルパ関連の問題をいくつかのカテゴリに整理してまとめてみよう!という取り組み。
治療学や感覚化理論を使って、他のより遥かに合理的なカテゴライズが出来るって感じ。

というわけで今は3つの計画が同時進行しているわけだが、これが年内までに収まらなさそう。どれも他の計画に引けをとらないくらい重要だし、かと言ってそのままにしておくのはなんとなくもったいない。
卒業研究の本番発表時に用意される環境が開発時と大きく違うっぽい...そもそもインストールされていない場合に備えてjre同梱版での配布も考えなきゃいけませんね...
一応ほんのちょっとの修正で下位互換性を持たせることが出来たので、jre6までなら耐えられる。IT系の専門学校なのにそんな化石環境があるのが謎だが。

それとは関係ない話ですが、実は治療学6時限目以降の投稿を考えてます。一族勢(特に民生委員の二人)への浸透、治療学の再構成を含めて、アイスさんと検討中。
Search
Tweet
Newest comment
[12/25 沙耶]
[07/03 ペンライト]
[07/03 人形]
[07/03 ペンライト]
[07/02 人形]
Counter
Calendar
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Others
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 座談会 with タルパ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]