忍者ブログ
読書百遍 其義自見
[4289] [4287] [4288] [4285] [4284] [4281] [4283] [4282] [4280] [4277] [4276]
ペンライト>ところで奈々さん、IF_7さんのことはなんて呼んでる?
奈々>ななさん
ペンライト>ななさん...
IF_7>でも、7だもんなぁ。
奈々>そう。今日から君は"ななさん"だ。
IF_7>ななさん。
奈々>なんですか?
アイス> >>めんどくさい<<
奈々>で、何するんですか?
ペンライト>16類型診断を、16人一斉進行します
奈々>16人?!私としては9人だけでよかったのに
アイス>私が参考までに情報を集めておきたいので^^
ペンライト>じゃぁ出席取りますね

りーちゃん~小人さんの5人、ピザ屋抜きの都会勢2人、一族勢9人の計16人で集計してます

りーちゃん>初めての全員集合!だね
少女B>人多いよう...
IF_8>思ってた以上に過密だわ...ホントに18人集まったら大変そうだ
少女B>それでも、ペンライトなら、我らがマスターペンライトならやってくれる!!
ペンライト>調子いい時だけマスター呼ばわりしやがって
少女B>はいはい早く始めましょう!><
ペンライト>では第1問!

「会議や話し合いの席では話すより記録を取る方が好きだ」

人形「私は議事録係だなぁ」
小人「好きな方を言えば俺も記録の方だわ」
奈々「自分の意見を通すためには!積極的に話さなければならない!!」
IF_4「奈々さんに同意。」
IF_9「論点にもよるなぁ、自分に影響のある議論でしか発言しない!好きかどうかで言えば好き!セコいかな?」
アイス「奈々さんの暴走を阻止するために参加しなきゃいけない立場...でも自分の発言で会議を動かすのは好き」
IF_6「あぁぁ、どっちにするか悩むなぁ...話す側でいいや!」

「大勢でいるより1人でいる方が楽だ」

りーちゃん「レッツ・パーティー!^^」
奈々「特に好きな人とだったら大丈夫だけど、基本的には1人で居たい方だよ。嘘じゃないよ。」
小人「奈々さん嘘つき乙。俺は多人数派。」
IF_2「複数人でいる時は血が騒ぐな」
人形「既に気持ち悪くなってきた。一人でゆったりと小説でも読んでいたい」
IF_9「そんな私は人形さんの隣で静かに漫画を読む。」
少女B「一人でいると寂しさで死にます」
IF_8「大勢で話すのは好き」

「同時に色々するのは苦手だ」

IF_2「脳内マルチスレッド最強説」
人形「いつも一つの物事に全力集中です」
IF_1「苦手だねぇ...」
IF_3「戦場を生き抜くには色々判断しなきゃいけないから。好きじゃないけど得意かな」
IF_4「そう。色々考えなきゃいけない状況下にいたから出来るようになった。IF_1はサボりだ」
小人「苦手。」
奈々「一人じゃ色々出来ないから部下にやらせる^^」
IF_9「調子いいとき限定で並列思考出来るのは得意のうちに入りますかー?(入るということにしておこう)」
少年A「無理。出来ない。」

「勉強が出来る人より発想が豊かな人に憧れる」

アイス「そういう人素敵」
小人「うーん、どうだろうなぁ...勉強が出来る方が憧れるかなぁ」
奈々「頭脳明晰最高!」
IF_2「頭いい方が良いわ。」
IF_6「アイデアマンになりたいですねぇ」
りーちゃん「でもうちの連中にそういう人っているかな?憧れるわ~」
少女B「頭悪くても発想が豊かな方がいい!」

「人の嫌味にスグ気がつく」

奈々「嫌味?何それおいしいの?^^」
少女B「奈々さんのせいで敏感になりました。」
IF_2「結構鈍感だと思う」
人形「気がつきやすい方かな」
IF_4「気づくよ。すぐに。」
IF_6「気づいて傷つきます。豆腐メンタルです。」
少年A「敏感な方。」
りーちゃん「自分じゃ分かりにくいけど、多分鈍感な方」
アイス「メンタルは豆腐じゃないけど気づくことには気づくよ」

「Experience(経験)よりInspiration(直感)を信頼する」

少女B「直感と本能に従って生きる!それが私!!」
人形「経験だね」
アイス「んー、経験だろうね」
IF_1「直感。」
IF_4「リーダーが直感ってのはマズいだろうよ...経験派。」
IF_8「同じく、経験派」
IF_9「直感の方が正しかったことが多いので直感で」
りーちゃん「経験だよ。ちゃんとじっくり考える。」
奈々「経験!直感はそこまで信頼出来ない」

「正しいことを推し進めるより調和を大切にする」

奈々「調和を守ってばかりじゃどうにもならないこともある」
IF_2「その通り。正しいことは推していかなきゃいけない」
アイス「黙りなさい^^調和を大切にしていきましょう。」
人形>「上の御三方の存在がすでに調和してない件...私はもちろん調和を守る派だよ」
IF_1「調和大事」
IF_6「調和大好きだね」
IF_9「なんだかんだ言って調和は大好き。」
IF_7「んー、調和が色々解決してくれたからなぁ、調和だろうね」
小人「どちらかと言えば、正しいことは正しいと言い張る側だろうな」
少女B「正義こそ正義。」

「喧嘩は苦手だ。みんな仲良くしてほしい」

りーちゃん「みんな仲良くしましょうね!」
IF_2「どうだか...得意なことには得意だぜ」
奈々「真面目な対立がないと何も前に進まないからね」
アイス「それは正論ですが、出来る限り仲良くしましょう」
少女B「仲良くしたい」
IF_5「得意。仲良くするに越したことはないけど、力で解決しなきゃいけない場面もあるさ」
小人「そうだね、時に力が必要になることもある」
IF_9「もっとみんな仲良くしようよ!!」
IF_6「仲良し万歳!」

「自分が我慢して事が済むなら多少、辛くても我慢できる」

奈々「無理!」
少女B「いやです^^」
小人「それくらい我慢しろよ...」
りーちゃん「我慢する。」
IF_2「出来ないなぁ。自分が我慢してる時点で事が済んでない。」
IF_4「そうかもな。我慢はせずに何とか納得できる妥協案を求めるかな」
少年A「それで事が済むなら、我慢するよ」
IF_6「する。俺にIF_4みたいなマネは出来ない」
IF_1「我慢はしない。徹底的に話し合う。」
アイス「私も。我慢するよりは話し合い派。」

「急に時間に余裕が出来ると、何をするかスグに決まらない」

奈々「したいことリスト的なのがあるので即決です」
人形「ボーっとする。何するか決まらないとも言う。」
アイス「決まります」
IF_9「すぐには決まらないかなぁ?」
IF_3「決まらないだろうな。そもそも今まで急に余裕ができるってことがなかったので...」
小人「俺もそう。いつも大体やることがあるから慣れないね」
りーちゃん「決まらないかなー」
少女B「やりたいことがありすぎて決められない!」
IF_2「サッと決める。グダグダ悩むと後悔するからねー」

「部屋が散らかっていても気にならない。片付ける時は本気」

アイス「私がそれ」
人形「それだね。定期的に本気で片付ける以外はひどい有様」
IF_4「結構気にするタイプかもしれない...」
りーちゃん「乙女たるもの...って言いたいけど、普通に散らかってます」
少女B「乙女たるもの自分の部屋くらいちゃんと片付けなくちゃね!(チラッチラッ」
IF_9「ちゃんとこまめに片付けるよ!」
奈々「マスターの部屋みたいに散らかってるとやる気でない」
IF_2「自分の部屋だと気にならない」
IF_1「散らかってる程度でやる気なくす人とは分かり合えないなぁ~」

「物事は基本的に白黒ハッキリつけたい派だ」

奈々「そう!ハッキリさせないとダメだよ!」
少女B「徹底的にハッキリさせますよ!」
小人「もやっとしたことは好きじゃないね」
アイス「基本的には白黒ハッキリつけるべき。」
IF_1「ハッキリさせるね」
IF_4「ハッキリさせる。」
IF_2「グレーゾーンには全力で突っ込みたくなる」
りーちゃん「そうだね、どっちかで言えばハッキリさせる方かな」
人形「ハッキリさせます」
IF_7「つけるべきものはちゃんとつけます」
IF_3「キッチリハッキリ、ですね」
少年A「そこはハッキリいこう」
IF_6「ハッキリさせます!」
IF_8「グレーゾーンは甘え」
IF_9「みんな怖い...ちょっとくらいぼやっとしたことがあってもいいじゃん...ねぇ?」

結果が出ました

ペンライト>な、なんじゃこりゃ...
奈々>どうしたどうした
ペンライト>的中率がヤバいんですが
アイス>結果をどうぞ!

りーちゃん  ISFJ 義務感の強い従順なサービスマン
人形 INFJ みんなに寛容な口下手
奈々 ISTP まずやってみるチャレンジャー
アイス INFJ みんなに寛容な口下手
小人 ENTJ 全てを支配する指導者
少年A ESFJ 面倒見がよい世話好き
少女B ENTJ 全てを支配する指導者
IF_1 INFJ みんなに寛容な口下手
IF_2 ESTJ 管理好きの仕切りたがり屋
IF_3 INTJ 改善や可能性を見出す
IF_4 ESTP 今この瞬間が全ての現実主義者
IF_5 INFJ みんなに寛容な口下手
IF_6 INFJ みんなに寛容な口下手
IF_7 ENFJ 饒舌な説得力のあるリーダ
IF_8 ESFJ 面倒見がよい世話好き
IF_9 INFP 社会のために生きる

奈々>ところどころ圧倒的に的中してるんですが
りーちゃん>な、なんやこれ...(・ω・`)
ペンライト>まさかここまで使えそうなデータが上がってくるとは思ってなかった
奈々>ま、まぁ良い判断材料になるみたいで良かったわ...
IF_7>俺はリーダーなのか...?
ペンライト>原作では一応中間管理層だったじゃないですか
IF_7>そうだな、IF_3とか4,9辺りが当たり過ぎてて怖い
ペンライト>やっぱそこ見るよねぇ
奈々>現地の人が当たってるって言ってるんだから、余程当たってるんだろうね



全員分の解答一覧

回答者\問題番号  1  2  3  4  5  6  7  8  9 10 11 12
りーちゃん Y N Y Y N N Y Y Y Y Y Y
人形 N Y Y Y Y N Y Y Y Y Y Y
奈々 Y Y Y Y N N N N N N N Y
アイス Y Y Y Y Y N Y Y N N Y Y
小人 N N Y N Y Y N N Y Y N Y
少年A N N Y N Y N Y Y Y N Y Y
少女B Y N N Y Y Y N Y N Y N Y
IF_1 Y N Y Y N Y Y Y N Y Y Y
IF_2 Y N N N N N N N N N Y Y
IF_3 Y Y N N Y Y Y N N Y N Y
IF_4 Y N N N Y N Y N N N N Y
IF_5 N Y Y Y N Y Y N Y Y Y Y
IF_6 Y Y Y Y Y N Y Y Y Y N Y
IF_7 N N Y Y Y Y Y Y Y Y N Y
IF_8 Y N N Y N N Y Y N N Y Y
IF_9 Y Y N Y Y Y Y Y Y Y N N
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
Search
Tweet
Newest comment
[12/25 沙耶]
[07/03 ペンライト]
[07/03 人形]
[07/03 ペンライト]
[07/02 人形]
Counter
Calendar
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Others
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 座談会 with タルパ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]