忍者ブログ
明確になった問題は共有される。共有された問題は議論される。議論された問題は無害化される。
[2690] [2689] [2688] [2637] [2687] [2678] [2626] [2686] [2685] [2684] [2683]
ふと、肉体感覚への対応は霊体感覚の低次化に纏められるのではないかと思った
人格の定着→イメージでのやりとり→言葉でのやりとり→会話オート化

視覚イメージの定着→視覚化

聴覚イメージの定着→聴覚化



今までブログで取り上げた三つのオート化、これらが全部肉体感覚ではない「イメージのようなもの」から言葉や視聴覚へと、言わば次元が下げられて伝わっているのではないか。

とすると、今まで「慣れ」の一言で説明されていた各種オート化に、ある程度まで「個人差」を排除した客観的な定義を与えることができる。

さらにその定義に立脚した確かな訓練法を提供できるメリットは大きい。


再定義と言うと、その程度かと失望する人が多いのだが、一体今まで誰に各種オート化の明確な定義が出来ただろうか。
誰に個人差抜きの訓練法を提唱出来ただろうか。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
Search
Tweet
Counter
Calendar
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Others
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 座談会 with タルパ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]