忍者ブログ
読書百遍 其義自見
[3350] [3349] [3348] [3347] [3346] [3345] [3344] [3343] [3342] [3341] [3340]
昨日のやつ
何故、単に会話オート化、視覚化等と言わなかったのか
A. あくまでも会話や視覚はタルパの持つ相対性を認識する手段であり、これをタルパ自身が持つ相対性とは言えないため。


再び人間での話に戻して、視覚を例に説明する。

ある人間は、他の人間から視覚を通して観測してもらうための相対性を持っている。

他の人間はこれを利用し視覚として観測するための方法を用いて自身の視覚に取り入れ観測を行う

つまり、ある人間が他の人間を観測しているとき、少なくとも3つの相対性を経由している。
自分の持つイメージがその人の本質であるとは限らないと言うわけだ。
これをタルパに適用させれば答えの完成である。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
Search
Tweet
Newest comment
[01/21 ちか]
[01/21 ちか]
[12/25 沙耶]
[07/03 ペンライト]
[07/03 人形]
Counter
Calendar
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Others
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 座談会 with タルパ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]