忍者ブログ
読書百遍 其義自見
[3125] [3124] [3123] [3122] [3121] [3120] [3119] [3118] [3117] [3116] [3115]
広義には、時間軸上を通常の流れから独立して自由に移動することと解釈される。
大体の人ならこれは答えられる範疇だが、タイムトラベルを肯定するには相対性理論を肯定しなければならないことを知る人は案外少ない。

相対性理論では、時間軸と空間軸が等価であるとされている。
よくある時間軸のモデル、過去から未来への直線上に現在があるというイメージを、そのまま空間軸のモデルとして持ち込めるらしい。
もちろんそうであるからには、私達は時間軸上において未来方向に一定の速度で移動していると考えねばならない。
その一定の速度というのがつまり光速度なのである。

私達は時間軸上において未来方向に約30万km/sの速度で移動していると言える。
これが最初に述べた通常の流れであり、この流れを無視して自由に移動するのがタイムトラベルと。
だからほとんどのタイムトラベルの仮説では、光速度不変の原理が登場するのだ。


タイムトラベルの話ですらりと言えたらかっこいいけど、それはそれで変人確定だな
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
Search
Tweet
Newest comment
[12/25 沙耶]
[07/03 ペンライト]
[07/03 人形]
[07/03 ペンライト]
[07/02 人形]
Counter
Calendar
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Others
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 座談会 with タルパ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]