忍者ブログ
明確になった問題は共有される。共有された問題は議論される。議論された問題は無害化される。
[3428] [3427] [3426] [3425] [3424] [3423] [3422] [3421] [3420] [3419] [3418]
こうなった

まずこうやって長さがバラバラな区間を作って、駅に見立ててパワードレールを設置。
駅の直前には、トロッコの到着を監視するディテクターレールを設置。

その2つを駅を制御するコンピュータに接続します。
さらに全ての駅のコンピュータを中心のコンピュータに接続すれば出来上がり。

上の図では到着後2秒で発車というプログラムを駅のコンピュータに仕組んで動かしているところ。
ところでこのままだと、何かトロッコに異常が起きて減速したり止まったりすると事故が起きそうだ。
一つ思いつくのが、中心のコンピュータで全ての駅の発着状況を管理すること。それをやってみたかった。



結果としてはちゃんと動いた。

各駅のコンピュータでは
1.トロッコが到着すると中心のコンピュータに信号を送り、発車許可を待つ
2.発車許可が届いたら、パワードレールを2秒間起動してトロッコを発車させる
3.次のトロッコの到着を待つ

中心のコンピュータでは
1.全ての駅の発着状態を「未到着」に初期化する
2.信号が届いた駅の発着状態を「到着」にする
3.全ての駅の発着状態が「到着」になったら、発車許可を送る

で、計2つのプログラムが動いている。


というわけで、息抜きの結果でしたー
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
Search
Tweet
Counter
Calendar
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
Others
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 座談会 with タルパ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]