忍者ブログ
読書百遍 其義自見
[1928] [1926] [1925] [1924] [1923] [1905] [1922] [1921] [1920] [1919] [1918]
説明がめんどくさいので、規模の大きいダイブについての独自の定義はこちらを参照。
ダイブ世界の共有については以前から考えられている問題だ。
実は僕自身も一度参加したことがあるが、証言が人によって違いがあったことを思えば、失敗であったかもしれない。(んなことは抜きにして楽しめたという意見もあるが)
前置きに色々言うのもめんどくさいし、まーこんな記事を立ててるってことは理屈が立ったということです。


簡潔に言いますと、「ダイブ世界を共有する」=「信念体系を共有する」だと思うのです。自論的に。


僕が参加した実験での例を挙げると・・・
・共有するダイブ世界へ向かう電車が通る駅をイメージすれば行けるんじゃね?
・共通のシンボルを印したドアをイメージして入れば行けるんじゃね?

実際はドアのシンボル案が採用されたと記憶しています。

確かにこの二つは一見有効な方法と思われるが、先ほどあげた信念体系の話に照らして考えると、如何なものかというところだ。
両方とも信念体系の基礎である、共通の真理や信念が構築されていない。


こんなふざけた自論を唱え、実験して証明して見せてあげようと言いたいところだが、具体的にどうすれば共通の真理信念が創り出せるのかはさっぱり分からないのだ。
適当な架空の神でもでっち上げてどうのこうの・・・とか?
死後の世界にも存在しないような領域を定義してどうのこうの・・・とか?
あまり倫理に反するような実験にはしたくないな。

まぁ実験概要については、こういう問題が解決したらブログに晒そうかと思ってます。はい、以上です。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
無題
証言に食い違いのでないレベルでダイブ界を共有するなら、かなりしっかり創りこまれた信念を共有する必要がありそうですね…
実験の行く末を楽しみにしています。どうか頑張ってくださいっ。
床代 2013/06/30(Sun) 編集
Re:無題
信念体系をどうするかがこの実験をカギを握るのは間違いないでしょうね。

3回ほど実験を行って様子を見る、そして証言がある程度一致したら対照実験を行います。
基礎の段階となるこの実験概要はしっかりした根拠の元に立てねばなりませんし、これは難しい・・・

応援ありがとうございます。「仮説は実証して初めて真実になる」と言いますし、期待に応えられるように頑張ります!
 【2013/06/30】
無題
こんにちは、始めまして。

すでに存在する世界観などどうでしょう。
古くは仏教的地獄極楽に始まり、今なら小説やアニメなど既に出来上がった体系を利用するのです。

あまり詳しくありませんが、ヘミシンクのフォーカス自体がその信念を想念として具体化しているから、フォーカス内で出会えるのではないかなんて考えてます。

ま、その場でワイワイしながらテストワールド作っちゃうのも面白いかも。

だいぶいい加減なことをほざいてますので、バカ話程度に(笑)
yoyokato 2014/11/06(Thu) 編集
Re:無題
ダイブ共有、懐かしいですなぁ

>フォーカス自体がその信念を想念として具体化しているから、フォーカス内で出会えるのではないか

モンロー氏が唱えたフォーカスの概念と幽体離脱は密接に関連付けられているので、当時離脱が出来ていれば何かしらヒントを得られたのかな、まぁ出来なかったんですけど(笑)

自分の中では「理論上は可能」という話で落ち着いています。もはや検証する気はさらさら無いですがね。
 【2014/11/06】
Search
Tweet
Newest comment
[12/25 沙耶]
[07/03 ペンライト]
[07/03 人形]
[07/03 ペンライト]
[07/02 人形]
Counter
Calendar
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Others
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 座談会 with タルパ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]