忍者ブログ
明確になった問題は共有される。共有された問題は議論される。議論された問題は無害化される。
[1999] [1998] [1997] [1996] [1995] [1994] [1993] [1992] [1991] [1990] [1989]
編集10分投稿2時間

回線がボロすぎる

辺りを見回すと、早速牢獄に入れられている。いつにも増して酷いスタートだ・・・
鉄柵に近づいて通路を見ると、異様に広い。道路4車線分くらいはあった。おかげで遠くまで見渡せる。

通路向かいの牢獄の陰から二人の見張りらしき男が出てきた。
しかも小銃を所持している。なんたる厳重警備だ・・・

でもよく考えたら自分も銃持ってたので、鉄柵蹴っ飛ばして楽に見張りを片付けた。
流石は(夢の中では)歴戦の一等兵ペンライト、これくらいは余裕ってやつだ。
が、発砲音で気づかれたのか、通路の奥から五人ほどの敵が迫ってくる。

とりあえず最初にいた場所の右隣の牢獄に移動。ここで待機する。
案の定通路を通りかかりやがったので、あっけなく射殺。
残る二人は右隣の牢獄に身を潜めていたので、こいつらも撃ってとりあえず休憩。


しかし、仲間がいないとこうも攻めに出られないとは、僕もまだまだだな。
通路を奥に進み、突き当りに到着。正面と右手側に木製のドアがある。

正面のドアをちょっとだけ開けて覗いてみる。
ドアとの向かい側の机に僅かな緑色の光が確認でき、室内を照らしている。照明というわけではなさそうだ。
中には長机が等間隔に配置してあり、ちゃんとした目的がある部屋のように思われた。

身の危険を感じたので、こちらのドアは閉じ、右手側のドアを開ける。
ドアから一直線に通路が伸びている。幅は1.5mくらいか。

通路に入ると、すぐ左側にも同じような道がある。
そちらに曲がると、ここにも部屋があった。
緑色の光が見えるから、多分さっきのと繋がっているんだろう。

と、気がつくと足元をゴキブリに囲まれているではないか!

これはやばい!ってところで目が覚める



何てひどい夢なんだ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
Search
Tweet
Counter
Calendar
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Others
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 座談会 with タルパ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]